仮受注が入った時の対応方法。

「受注」と「仮受注」の違いとは?


 

BUYMA(バイマ)では、商品がお客様から購入された場合、

「受注」と「仮受注」という2つのパターンがあります。

今日はその点について詳しく解説しておきます。

 

まず、お客様がBUYMAのサイトで、「この商品を買おう」と

商品を選択して、カートに入れます。

すると、その後に、”決済に進む”流れとなるのですが、

時々、”商品をカートに入れた”段階でそのままの状態と

なっている場合があるんですね。

その状態の時が、「仮受注」と表示されます。

 

それはお客様が、クレジットカードやコンビニ支払いで

まだ支払いを終了させていない、とか、

迷ってるけど商品は確保しておきたいから、とりあえず

カートにしばらく保管しておこう・・・とか、

あとはカートに入れた時点で購入出来ているものと勘違い

されている場合があったりもします。

 

なので「受注」となると、

商品代金がクレジットカードまたは振込みで支払われた事が

確認された時点で、「受注」と表示されるようになるわけです。

 

そしてバイマでは、受注と確定してからバイヤーが

商品を買い付ける、という流れになります。

なので、商品を先に買い付けしたのに、お客様からお金が

振り込まれない!というリスクが全くないのです。

なので、くれぐれも早まって、「商品が仮受注に入っているけど、

在庫がなくなりそうだから、先に買っておこう」なんて事は

絶対にやめておきましょうね!

バイマ事務局はそのような所までのフォローはしてくれませんので。

 

在庫の確認


 

商品が仮受注に入っていたら、まず先に、その商品の希望のサイズが

在庫として買い付け先のショップにあるかどうかを海外サイトで確認

します。

もしその時点で在庫がなければ、その旨をお客様へ先にお問い合わせから

お伝えすることで、受注確定後の”取引きキャンセル”を未然に防ぐことが

できます。

ですので、必ず在庫チェックを行いましょう。

在庫チェックを行って、結果をお客様にもお伝えするといいですね!

その内容は次の目次になります。

 

お客様への連絡


 

在庫がもし無かった場合、お問い合わせフォームからお客様へ

「受注」が確定してしまう前に、その旨を連絡を入れておきます。

そうすることで、お客様は商品代金のお支払いをすることはありません

ので、お互いの手間を省くことができます。

 

在庫がもしあった場合は、この場合もお問い合わせフォームから

連絡を入れておきます。

伝える内容としては、「今だと在庫があって買い付けができること」

「ご入金がまだのため、注文が確定しておらず、買い付けがそれまで

できないこと、そのため、在庫が無くなる可能性もあること」

をお伝えします。

そうすることで、お客様は急いでご入金を行ってくれる方も

いらっしゃいます。

時に、連絡を入れても、なんの返答もないまま、そのまま

仮受注の期限も切れて取引き終了となる場合もあります。

 

まとめ


 

受注につなげていく為には、こういったちょっとした

こまめなお客様への連絡も、欠かせないものとなります。

ぜひ、仮受注をチェックしつつ、事前に連絡を入れて

いくようにしましょう(^^)

 

 

岡野里沙 無料メルマガはこちら

 

今なら読者限定3大特典がついてます♪

ぜひ登録してみてくださいね( ´ ▽ ` )

 

ブログランキングも参加中です♪

ブログトップページからぜひポチッと

応援お願いします❤︎