人間だもの、色々悩む。だけど私はしおれても、決して枯れません(笑)

息子
おかあさ〜ん!
RISA
はいはい〜( ̄ー ̄ )

 

ハイサイ皆さんご無沙汰しております、RISAです〜。

先週は1週間、息子と母と共に、沖縄旅行へ行っていました。

 

 

 

 

行く時はとってもテンション高くして行ってきましたが、帰ってきて現実が一気に戻ってくると、めっちゃテンションが下がりますね(笑)そんな経験、ありませんか?私だけ??

そんなこんなで、帰宅してから現実について行けず、あとちょっと悩み事もありつつ過ごしています。

ちなみに今日は朝から夫チロ君と、最愛の息子の前で大げんかです( ̄ー ̄ )とても反省!

でも大声出したら、少し気分がすっきりしました(笑)大丈夫です、お互い「ごめんね」の挨拶はなかったけど無言で仲直りちゃんとしましたから。

「はい」と一言、毎朝定番メニューのマーガリンとハチミツを塗ったトーストを渡してやりましたよ。それでちゃんと仲直り。

 

今、夫も私も自分と向き合っている訳なんですが、人生って本当に色んな事が起こりますよね!

そこでその出来事をどう捉えるかは人それぞれ。で、それによって、その後の人生がまた全然違ってくるという・・・。

私も今回悩み事が発生していてドンヨリ中ですが、一瞬すごくしおれます。

だけど、決して枯れてしまう事はありません。枯れてしまったら全てはThe.END。だから。

期間的には大体1晩、または数晩寝れば、必ず生きかえります。というか、これまでも乗り越えられてきた経験があるから、そう言い切れます。私は自分でも思った以上に図太い生き物です(笑)

だけど、全て自動的に復活している訳ではもちろんありません。

私みたいに図太くなれる為のちょっとしたアドバイスをここで・・_φ( ̄ー ̄ )

 

まずは自分の生命力を信じる。

どんなにきつい事があったとしても、「私はこれくらいの出来事では諦めない!終わらない!」と思ってます。さっきもお伝えした通り、諦めてしまったら全てが終わってしまうから。

なので、一瞬はものすごく落ち込みます。(元々とても落ち込みやすい性格なので)

が、その後「こらこら、そろそろ時間がもったいないよ!立ち上がって!」と毎回自分を奮い立たせています(笑)

もちろん、時には意識的に手放す事も大事だとは思います。(まだ私はここがなかなか出来ない所ですが)

ただ、それとこれとは別だと思っています。

 

信頼でき、尊敬する人生の先輩に出来事を話し、客観的な気づきをもらう。

持ち前の生命力は持っていても、さすがに1人ではその後どう進んで行ったらいいのか途方にくれてしまいます。

そしてそんな状況の時は特に、自分では冷静な決断を下す事が困難になりがちです。

そんな時に心から信頼でき尊敬できる存在の方がいれば、状況を話しアドバイスを求めます。

その時のポイントは『必ず自分より先行く、人生の先輩にアドバイスを受けること』です。

今までも、何か問題が起きた時、一人で解決出来た事は1つもありません。必ず、誰かしらの支えがあって乗り越えられてきました。1人で成功しようとするっていうのは100%無理だなと思います。

そんな事を振り返っていると、本当に私には必要なタイミングで誰かが現れ、声をかけ、話を聞いてくれて乗り越える力を与えてくれている事に気付かされます。

これも引き寄せなのでしょうか、はたまた、そうなるべくしてなっているのでしょうか・・・。

本当に、素敵な人との繋がりを与えられている事に感謝しかありません。

 

その出来事は大事な何かを私に伝えてくれようとして、今目の前に現れていると信じ真摯に受け取る。

ここは私もまだ訓練中ですが、どうしてもマイナスに感じる出来事って目を伏せたくなりますよね。

ですが、実はこういった1つ1つの目の前に起きる出来事(現象)って、必ず何かの意味を持ってあなたの前に起きているんですって。

あなたに何かを気付かせる為だったり知らせる為。

そう考えると、大事に受け取って、その状況が自分に何を知らせてくれようとしているのかをしっかり向き合って考えます。そして必要があれば修正していく。

ここはとっても大事な部分だと思いますが、その時になるとまだ先に衝撃だったり落ち込みが先にきて、数日経過してからやっとそう思い直し、対処していく行動を起こし始めるっていうのが私の現実です( ̄ー ̄ )

 

こうしてみると、私達も植物達と一緒ですね。球根や種となる自分(魂)があって、その生命力と、そこにより輝きを増したり生命を長く維持していく為の、お水や栄養補給を注入(周囲との関わり、注がれるアドバイスなど)する必要がある・・。

人間とか人生って色々不思議ですよね。いや・・・逆に超シンプルなのか?

そんな事を悶々と考えつつ・・・また次回!